ユーザー視点を重視したWebサイト・Webシステムの企画、制作会社
シンク株式会社

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム
シンク株式会社
シンク株式会社
menu

Twitter,Facebookに同時投稿や予約投稿できるBufferが便利!

イメージ写真 イメージ写真

会社や店舗のTwitterやFacebookを担当している方から、こんなお悩みを聞くことがあります。

  • 同じ内容をTwitterとFacebookの両方に投稿するのが面倒すぎる
  • 毎日決まった時間に投稿したいのに、急な仕事で思うようにいかない

実はこれ、無料で使えるBuffer(バッファー)というサービスで簡単に解決できちゃいます。
Bufferは決まった時間にSNS(ソーシャルメディア)に自動で投稿してくれるサービスで、投稿先は複数登録が可能です。
本来は有料のサービスなので、無料版だと各種制限があります(例えば無料では投稿上限数が1日10件)。ここでは、無料でも十分便利に利用できる機能をご紹介します。

Bufferを利用開始するには

twitterかFacebookの利用者はすぐ利用できます。
ここではtwitterのアカウントでログインする手順を説明します。

  1. Webブラウザー(Firefox、chrom、safariなど)で、http://buffer.comにアクセスします。
  2. twitterでログインするボタンをクリックします。
    regist01
  3. twitter画面でID/パスワードの入力を求められるので入力してログインします。
    regist02regist03regist04

以上でtwitterの認証に成功すると、Bufferの入力画面が表示されて利用可能です。
※Buffer用のメールアドレスとパスワードの登録を要求されますが、MyAccountメニューからいつでも登録可能です。

他のSNS投稿先も設定しておく

次にFacebookにも投稿できるようにします。

  1. 画面左列のFacebookをクリックします。
    fb01
  2. Facebookは(1)当該ユーザーのニュースフィード、(2)Facebookページ、(3)Facebookグループのどれに投稿するか選びます。
    fb02
  3. ID/パスワードを入力します。
  4. 複数のFacebookページ/グループを管理している場合はいずれか選びます。
    fb03

Twitter、Facebook以外のSNS(Google+, Pinterest)にも投稿したい場合は、同様に続けて設定して準備完了です。

twitterとFacebookなど複数のSNSに同時投稿する

先ほど認証を済ませたTwitterとFacebookにまとめて投稿してみましょう。

  1. Contentsタブをクリックして入力画面を表示します。
    fb04
  2. 投稿先を確認したら、テキストボックスに投稿内容を入力します。
     ・写真や動画もテキストボックスにドラッグ&ドロップすればOKです。
     ・SNSによって投稿文字数の制限などがあるので、入力欄下に表示される残り文字数に気を付けてください。
    buffer_post1
  3. 「Add to cueure」横の下向き▽をクリックし、プルダウンメニューから「Share now(すぐに投稿する)」をクリックします。
    buffer_post2
    数秒間Saving…と表記され、再び空のテキストボックスが表示されたら完了です。

※プルダウンメニューにある「Share Next」と「Add to Queue」は、Scheduleタブであらかじめ設定した時間に予約投稿する機能です。慣れないと難しいので今回は割愛します。

投稿先の確認と変更

内容によって投稿先を1つにしたり複数にしたい場合は、テキストボックス内のアイコンをクリックして投稿先を切り替えます。アイコンがグレーアウトしているSNSには投稿されません。
buffer_post3

画面左のAccounts列のチェックマークは初期値です。例えば「通常はtwitterだけ、時々Facebookにも投稿」という場合は、Facebookアイコン左のチェックマークをクリックしてOFFします。
だだし、初期値の変更は一度ログアウトして再ログインするまで反映されない場合があるのでご注意ください。
buffer_post4

Bufferでタイマー投稿

日時を決めて投稿することも可能です。

  1. Contentsタブをクリックして入力画面を表示します。
  2. テキストボックスに投稿内容を入力し、投稿したくないSNSがあればアイコンをクリックしてOFF状態にします。
    ※ここまでは前項の同時投稿と同じ手順です。
  3. 「Add to cueure」横の下向き▽をクリックし、プルダウンメニューから「Shedule post」をクリックします。
    timer01
  4. カレンダーが開くので、投稿したい日付と時間を選択し、「Schedule」をクリックします。数秒間Saving…と表記され、再び空のテキストボックスが表示されたら完了です。
    timer02timer03

テキストボックスの外をクリックすると領域が小さくなって、その下にタイマーセットした投稿内容が表示されます。
完了した後で、時間や内容を変更したり削除したい場合も簡単です。

時間の変更

  1. 枠内左下の表示時間上にマウスを乗せるとボタンが表示されるので「Change Time」をクリックします。
  2. カレンダーが表示されるので日時を変更して「Set」ボタンをクリックします。
    buffer_changetime1buffer_changetime2

内容の変更

  1. 枠内右下にマウスを乗せるとボタンが表示されるので「Edit」をクリックします。
  2. 編集用のウィンドウが表示されるので内容を変更して「Save」をクリックします。
    buffer_edit1buffer_edit2

投稿の削除

  1. 枠内右下にマウスを乗せるとボタンが表示されるので「Delete」をクリックします。
  2. 確認用のウィンドウが表示されるので間違いないか確認して「Delete」をクリックします。
    buffer_del1buffer_del2

アナリティクス機能でユーザーの反響をチェック

Bufferには簡易解析機能があるので、閲覧数や反応数を参照できます。
絞り込みなどは有料サービスですが、最近の投稿一覧は無料です。
Analyticsタブをクリックして参照してください。

buffer_analytics1buffer_analytics2

反応の良い投稿内容や時間帯を把握してタイマー投稿を活用すると好循環が生まれますね。

また、例えばtwitterのretweetやお気に入り、返信をしてくれたユーザーとフォローボタンも表示されるので、反応してくれた方を素早くキャッチするのにも役立ちます。

ホームページの新規構築やリニューアル、アプリ開発など
気になることやお困りのこと何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

PAGETOP